ブログ

これでやっと痩せられる!

みなさん、こんにちは。
がまん0 豊かな暮らしをつくる人 

山本有希です。

お正月休みも終わって、いかがお過ごしでしょうか。

お正月に「太ったー」という方も多いのでは?

「さあダイエットだ!」と決めても

「まあちょっとくらい、、、」とお菓子を食べすぎてしまったり、
「今日はいっか」と3日歩いて4日目からウォーキングをお休みしたままだったり。
「何やっても痩せないし、もういいや!」と諦めてしまったり。

そう思われた方、いらっしゃいますか?

何を隠そう(かくしてませんが)私、社会人になってからずーっとダイエットしてます!
(過去の記事にも書いてると思いますが、、、、)

気づけばダイエット歴25年。

これまでの人生の半分近くをダイエットに費やし、そして、痩せてはもどりを繰り返し、最近では何をやっても痩せられない、、、と悩んでいます。

ふとしたきっかけで、ホットヨガに通い始め、3㎏ストンって落ちたので、これはいける!と思ったのですが、、、、そのままストップ。

だって、「ちょっとくらいいいか」とまたお菓子食べだし、さらには食事も緩くしちゃったんです。

そしたら、また2キロもどるという現実。

あー私って、なんて意思が弱いんだろう。またできなかった。

そんなとき、方眼ノートの高橋さんの講義でこんな話を聞いたんです。

ブログやメルマガが書けないってお悩みの方に、高橋さんが

「書けないのは、それを『自分のこと』にしているから書けないんですよ」

って言われたんですね。

それでわたしは

「私の『できない』ことって何だろう?」って考えて、
もちろんいっぱいあるんですけど、一番大きいのが、

ダイエットだ!ダイエットを『自分のこと』にしてる。

って気づいたんです。

「当たり前じゃん、自分のためにするでしょ。」

そう思った方、おめでとうございます。

どういうことかというと、、、

私、痩せてオシャレしたーいとか、キレイに見られたいとか思わないんです。(若いときはそう思ってましたが)だから、そもそもここが動機付けにならない。

なんで痩せないといけないかというと、それは、健康のためなんです。血圧を下げたいんです。

なんでかって?健康がいいよね。でも今、普通に生活して、健康じゃん!

うん、今はね今はまだ、健康で自分でなんでもできる。でも、このまま年取っていったら、、、

「あ、私、健康でいなきゃいけないんだ!娘のために。」

と気づいたのです。

そうしたら、不思議とお菓子への強い欲求が薄れて、食事を今まで以上に大切にするようになりました。

もし、私がやせて、健康になると、娘は私を介護するという可能性を減らせるわけで、
彼女は、私のために生きるのではなく、世の中の誰かのために、力を発揮できるでしょう。

私が健康で長生きすれば、もしかすると、孫やひ孫の世話をして、娘の役に立てるかもしれない。

さらには、小学生の登校に毎朝歩いて付き添ってくださっている町内会の元気なご年配の方々のように、地域の役に立てるかもしれない。

そう考えると、娘や私の周り、そして、その先に続く命にまで、私の暴飲暴食、不摂生が影響するのかと思うと、「ちゃんとしないとな。自分だけの体じゃないな、私の健康がいろんな人にも影響するんだ。」と気づいたのです。

だから、今日から私は誰のために、痩せるのか?
まずは、娘のために。

そして、私から繋がるすべての人のために。

この高橋さんのお話は、実際はもっと深いお話なんですけど、私の人生最大のテーマであるダイエットに結びついたので、書いてみました。

あなたも方眼ノートで「できない」理由が、分かるかもしれないですね。

どこかで、だれかのお役に立てたら嬉しいです。


関連記事

ページ上部へ戻る